こんな経験があるならキャッシング契約の申し込みは避けるべき!

手元もしくは口座に現金がない状態という際、急な出費により高額な現金が必要なときにはキャッシングは便利です。しかし、消費者金融のキャッシングローンでも、必ず契約出来るものではなく、大手でさえ4割ほどに留まっています。

つまり、現実的には契約出来ないというケースは非常に多いものです。そして、個人信用情報に何らかのダメージがある方は、無謀なキャッシング契約は避ける必要があります。例えば、スマートフォンの分割購入が出来ないという場合、キャッシング契約の審査に通る可能性は高いものではありません。

むしろ、過去にこの経験をしている場合はキャッシング契約を行うのは個人信用情報を確認し、事故履歴が無いことを確認することが重要になります。そして、インターネット上ではブラックでも契約可能、自己破産者でも契約出来るといった中小消費者金融を紹介するケースがあります。

しかし、個人信用情報機関の目的は多重債務の防止であり、事故情報に対する契約規制はないものの、自己破産者などは生活再建を図ったのに対して改善が出来ていないと判断される可能性も高くなります。そのため、キャッシング契約をする際には安易に口コミやインターネット上の情報を鵜呑みにせず、自分自身の状況を客観的に判断することが重要です。