総量規制があっても借入ができる項目

消費者金融では、総量規制によって個人への貸付は原則的に収入の3分の1までとなっていますが

その規制にかからないような項目も存在します。

その項目としては、不動産や車に関して購入したときのローン、有価証券や不動産などを担保にするときの融資に関して、

高額な医療費を負担するときの貸付金、おまとめろーん、緊急で必要な貸付が必要なとき、

個人偉業主に対する事業用の貸付、配偶者との収入とをあわせた合計の年収の3分の1を超えない場合など

結構な数の例外はあります。

ですが、通常の消費者金融は事業用の資金や不動産の担保といった例外的な事例しか適用してくれる可能性がなく、

ほとんどはあってないようなものですので、注意しておきましょう。