短期間の延滞も大問題となりかねない

カードローンの返済を3ヶ月以上滞納すると、信用情報機関に傷が付いてしまいます。いわゆるブラックリスト入りし、きちんと返済してもその後数年間ローンを組めなくなる可能性が高いです。これは有名な話なのでご存知の方はたくさんいらっしゃることでしょう。

それを知ってか1ヶ月未満の延滞をちょくちょく行う方がいらっしゃいます。ブラックリスト入りを避ける上手いやり方かもしれませんが、やり過ぎると短期間の延滞でも信用情報機関に登録される可能性もあります。

さらに融資限度額そのものも減額され、しばらくは返済専用のカードローンとなりかねないのです。金融機関に返済能力が足りないと烙印を押された結果なので、やはり延滞はすべきではないのです。